コスタリカのパルからの手紙に「あなたはもっと自分の意見を言うべきよ」

と書かれてあって、久しぶりに驚いた。

コスタリカではおとなしいほうに私が分類されるの?

 

海外のパルたちと話していて、

日本の基準と違うなぁ…と思うことは多々ある。

距離の近さや遠さ、時間の感覚などもあれば性格も。

 

オランダのパルに「日本人はおとなしい」

なんて話をしたところ、

「メイと話していて、そんなことは信じられない」と言われ、

ロンドンのパルには「日本人らしくない」と言われているのに。

 

コロラドのパルに同じ話をしてみた。

彼女はメキシコ人なので、

母語はコスタリカとは同じスペイン語を話す。

「ラテン系とヒスパニック系の人々は

彼らは思ったことをそのまま遠慮なく口にするのよ。

時々、私ですら彼らと話していらっとくるわ。」と。

ええ、ヒスパニックですけれどね、彼女も。

 

”I think you are very honest and strraightforward."

(あなたはとても正直で率直だと思うわ)

と彼女は私を評したんだけれど…日本で正直には

いいイメージがないなぁ、と言われて思った。

 

インドのスーに

「あなたの他者を理解しようとする姿勢は大好きよ。

あなたといろんなことを限界まで共有したくなるのは

理解してくれると思える相手だからで、

あなたと話すのは心地いいわ。」と言われた。

やっぱり、バレンタインに友チョコは配っておくものだわ。 

 


にほんブログ村